定員16名、【葬祭現場スタッフ対象】実践習得型講座
セレモニー・式典業務におけるアシスタントスキル向上研修【2017年9月15日開催】
葬儀の仕事におけるメイン業務である葬儀・告別式の施行において、案内業務を行なうアシスタントスタッフは、喪家担当者とともに葬儀社からの施行メンバーとしてお客様にとって当たり前の存在になっています。その現場では、遺族の代理として、また請け負った葬儀社を代表する葬儀施行のプロとしての立居振舞が求められており、そうした接遇の所作は、施行担当者やアシスタントスタッフはもちろん、間接部門の社員から協力業者のスタッフまで、現場に出る可能性のあるすべてのメンバーが身につけておきたいスキルです。
接遇スキルの必要性は誰もが認めるところであり、多くの企業が取り組んでいます。ただ、あまりにも当たり前となってしまっているせいか、時折その理解や実行動のレベルがバラバラになってしまっていることがあります。学ぶ機会がなく見よう見まねのため自信のない方や、自己流になっている方など、各自の課題が異なっており、どのように矯正すればよいかわからないことも、現場や教育場面で多くみられています。
本講座では、現場主義を第一に活動されている(一社)日本葬祭コーディネーター協会代表理事の安部由美子氏を講師に迎え、葬儀やお別れ会の場面で実践すべきアシスタントの立居振舞を一日かけて繰り返しトレーニングすることによって、参加者個々の課題の解消とスキル体得を目指します。
資料や情報レベルの習得ではなく、参加者が見本となって職場に戻ることを目標に開催いたします。自社のアシスタント業務の質的向上を考える葬儀社様、ぜひこの機会の活用をご検討ください。
http://www.sogo-unicom.co.jp/pbs/school/2017/0902.html

技術を通して提供できる、納棺場面のグリーフサポート
葬儀社担当者・納棺スタッフのための【ご遺族参加型】納棺の手順とポイント(2017年9月19日開催)
本講座では、【ご遺族参加型】の納棺を実践する轄の笹原留似子氏を講師に迎え、ご遺族とともに進める納棺の手法と、求められる技術の習得を目指します。
『【ご遺族参加型】納棺の手順とポイント』(本講座)では、笹原氏が現場で行なう「参加型納棺」の進め方を、そのなかで求められる感染予防、ご遺体処置の技術(軽度)、コミュニケーション手法、医療現場からの遺族ケア情報とともに学びます。
『【状況別ご遺体処置】と【死化粧】のポイント』(9/20開催)では、その続編として、【ご遺体処置のケーススタディ】と【死化粧の演習】を通して、しっかりと故人と向き合って送りたいというご遺族の希望に応えるご遺体の状態づくりをご指導いただきます。
知識や手順、処置技術、ご遺族との適切なコミュニケーション方法の確認・習得を目指す葬儀社担当者様、納棺担当者様のご参加をお待ちしております。
http://www.sogo-unicom.co.jp/pbs/school/2017/0903.html

参加型納棺を可能にする死化粧の進め方と困難遺体の対処法
葬儀社担当者・納棺スタッフのための【状況別ご遺体処置】と【死化粧】のポイント(2017年9月20日開催)
本講座では、【ご遺族参加型】の納棺を実践する轄の笹原留似子氏を講師に迎え、ご遺族とともに進める納棺の手法と、求められる技術の習得を目指します。
『【ご遺族参加型】納棺の手順とポイント』(9/19開催)では、笹原氏が現場で行なう「参加型納棺」の進め方を、そのなかで求められる感染予防、ご遺体処置の技術(軽度)、コミュニケーション手法、医療現場からの遺族ケア情報とともに学びます。
『【状況別ご遺体処置】と【死化粧】のポイント』(本講座)では、その続編として、【ご遺体処置のケーススタディ】と【死化粧の演習】を通して、しっかりと故人と向き合って送りたいというご遺族の希望に応えるご遺体の状態づくりをご指導いただきます。
知識や手順、処置技術、ご遺族との適切なコミュニケーション方法の確認・習得を目指す葬儀社担当者様、納棺担当者様のご参加をお待ちしております。
http://www.sogo-unicom.co.jp/pbs/school/2017/0904.html